読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kick-A Blog

漫画家・イラストレーター、菊池晃弘のブログです。

【Art】ThreeA show「WITH SMILES ON OUR LIPS」

f:id:kicktick43:20150930022258j:plain

先週、日本では初開催となるThreeA(スリーエー)のトイ&アートの展示会『WITH SMILES ON OUR LIPS』に行って来ました。開催場所は秋葉原のはずれにあるアートスペース(旧練成中学校)、アーツ千代田3331。訪れるのは今回で3度目なので、もう常連かもww

ThreeAとは、『メタルギアソリッド』シリーズのアートワークでも知られる世界的アーティスト「アシュレイ・ウッド」と、香港のトイメーカー『ThreeZero』の代表者「キム・ファン・ウォン」が手を組んで立ち上げた会社のこと。

 

主にオリジナルのトイや書籍、アパレルなどをリリースしているのですが、中でもフィギュアは大人気。ハイレベルなセンスとクオリティもさることながら、そのほとんどが数量限定の販売(しかも再販なし!)なので、世界中に熱狂的なコレクターが存在します。案の定、行った日にはすでに会場限定のトイはほぼ完売。売店コーナーは閑散としておりました・・・ww ガチャガチャ(1回1000円と2000円の2種類)はちょっとやってみたかったなぁ〜。

 

f:id:kicktick43:20150930024139j:plain

f:id:kicktick43:20150930024157j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kicktick43:20150930024405j:plain

f:id:kicktick43:20150930024423j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kicktick43:20150930024957j:plain

f:id:kicktick43:20150930024712j:plain

f:id:kicktick43:20150930025240j:plain

f:id:kicktick43:20150930025255j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アートの展示物は、やはりアシュレイ・ウッドの作品が中心でしたね。ダイナミックな筆致がスゴすぎる油彩画はもちろんサイコーでしたが、マンガチックなモノクロのペン画も良かったな〜。けっこうアダルティな内容の作品が多かったのにはちと驚きましたがww とりあえず大好きな『WWR』(ワールドウォーロボット)シリーズの原画がしこたま見れたので、ホントに行ってよかったです。

f:id:kicktick43:20150930025359j:plain

f:id:kicktick43:20150930025426j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kicktick43:20150930030435j:plain

f:id:kicktick43:20150930030253j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kicktick43:20150930030749j:plain

ThreeAにゆかりのあるアーティストたちの作品も展示されていたわけですが、個人的に一番見たかったのは「ウィリアム・レー」の原画。じつはこの方、アメコミを描くときは「Bill Wray」というペンネームを使うんですよね。『レン&スティンピー』、『ヘルボーイJr.』、『Big Blown Baby』、『サムライジャック』などなど、ポップでマッドな画風は、ずっと憧れまくってます。

 

残念ながら今回はアメコミ原画の展示はありませんでしたが、アートでもさすがの仕事ぶり。絵的な素晴らしさはもちろんのこと、どれもシニカルな視点で描かれているのがイイ! スーパーヒーローネタの数々は、哀愁を超えてなんか泣けましたよ・・・www

 

f:id:kicktick43:20150930031514j:plain

f:id:kicktick43:20150930031023j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kicktick43:20150930031040j:plain

f:id:kicktick43:20150930032550j:plain