読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kick-A Blog

漫画家・イラストレーター、菊池晃弘のブログです。

【Movie】トロール・ハンター

予告編を見てからずっと心待ちにしていた映画『トロール・ハンター』が、ようやく日本公開!ところが東京では有楽町(レイトショーのみ)とお台場だけという希少な上映規模‥‥。


「これはまさにトロール・ハンティングだ!」と思うことにして、いざ有楽町のTOHOシネマズ日劇へと向かいました。上映開始は夜の8時。劇場ロビーには『映画ドラえもん:のび太と奇跡の島』を鑑賞し終えた家族連れと入れ替わるように好事家たち‥‥もとい、ハンターたちが続々と集結していました(笑)


映画は期待どおり(予想どおり?)の内容で、「食べたいもの食べれました!」という満腹感でしたね。フェイク・ドキュメンタリーのツボをしっかりと押さえた素晴らしいモンスター映画でした。伏線の仕込み方も見事だったし、クライマックスでの巨大トロール(体長60m!?)との攻防なんかはもう激燃え!いいもの見させてもらったなぁ〜。
この作品の他にも、ハリウッドでリメイクもされたジュブナイル・ホラー『ぼくのエリ:200歳の少女』や、サンタクロースの正体を描くブラックなファンタジー『レア・エクスポーツ:囚われのサンタクロース』など、最近の北欧映画はあなどれないものが多いので、今後も注目したいと思います。


レイトショーが始まる前、ちょっと時間があったので、日劇すぐそばのソニービルで開催されていた『パンナム展』も鑑賞。航空ファンでは全然ないんだけど、鮮やかなブルーを基調にしたレトロフューチャーなデザインまわりにはスゴくひかれるんですよね〜。


会場内は海外ドラマ『PAN AMパンナム』の番宣を中心に、貴重なパンナムグッズの数々が展示されてました。個人的には、砂原良徳パンナム・オマージュ作(アナログ盤)の展示が収穫でした。『TAKE OFF AND LANDING』はコンセプト、音楽、アートワーク、すべてにおいてホントに名盤です♪