Kick-A Blog

漫画家・イラストレーター、菊池晃弘のブログです。

メビウスの漫画

フランスコミック界の大御所・メビウスによる超大作『L'INCAL(アンカル)』(原作:アレハンドロ・ホドロフスキー)の翻訳版をようやく読了。8年がかり(1980〜88年)で完成した作品だけあって、とにかく圧倒的な読み応え。お腹一杯でヘトヘトになりました(苦笑)


謎の生命体“アンカル”をめぐる壮大なスペースファンタジーなわけですが、こんな物語を具現化できる絵描きは、やはりメビウスだけでしょう。想像を超えた世界を創造できる特出したイマジネーション、緻密かつシンプルな美しい描線・・・。刺激が大きすぎて、出るのはタメ息ばかり。ちょっと高いマンガ本を買ったつもりでしたが、完全に「参考書」でした(笑)