読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kick-A Blog

漫画家・イラストレーター、菊池晃弘のブログです。

【TV】『西部警察』全国縦断ロケセレクション

CSで放送された『西部警察』の全国縦断ロケセレクション(計13話)を鑑賞。テレビドラマでよくある「地方ロケ」で製作された回の特集なわけですが、そこは天下の大門軍団。銃撃戦!カーチェイス!爆破!!・・・などなど、期待どおり全国各地で大暴れ!www

たぶん今では撮影不可能と思われる大掛かりなアクションシーンの数々にシビレました。

 

こんなエクストリームなドラマがテレビで観られたなんて、やっぱり80年代ってサイコーだなぁ〜。

 

●福岡ロケ編(西部警察PART-III - 1983年9月OA)

第18話「パニック・博多どんたく」/第19話「決戦! 燃えろ玄界灘

>「博多どんたく」でにぎわう街中でのモブシーンが見もの。ロケの締めは福岡漁協の全面協力による、まさかの漁船大爆破!www 丸腰で大門軍団に協力する漁師さんたちの心意気にも感動しました。

 

●広島ロケ編(西部警察PART-II - 1982年10月OA)

第18話「広島市街パニック!!」/第19話「燃えろ!! 南十字星

>ジャックされた市電を追い、広島市街を大門軍団のスーパーマシンが激走!そしてラストは惜しげもなく市電の車両を大爆破!! 当時人気絶頂だった漫才コンビのB&Bを、「もみじ饅頭」絡みでカメオ出演させてる点は抜かりないですね〜。

 

●名古屋ロケ編(西部警察PART-II - 1983年2〜3月OA)

第37話「戦慄のカーニバル」/第38話「決戦・地獄の要塞」

>37話のナガシマスパーランド内での暴れっぷりもスゴかったけど、38話のクライマックスでの巨大煙突倒壊シーンが、とにかくスゴすぎ・・・!! 完全に「刑事ドラマ」の枠を超えちゃってますww 大門軍団の活躍って、ウルトラマンが戦った時と同じくらいの損害が出てるんじゃないの?

 

●静岡ロケ編(西部警察PART-II - 1982年8月OA)

第10話「大追跡!! 静岡市街戦 - 前篇」/第11話「大激闘!! 浜名湖決戦 - 後篇」

浜名湖での遊覧船爆破!火ダルマになるハト(舘ひろし)!・・・などなど、このロケも見どころ満載。でも最大の見せ場は、木暮課長(石原裕次郎)が静岡駅前にヘリでやって来るシーンかなww

 

●宮城ロケ編(西部警察PART-III - 1983年12月OA)

第32話「杜の都・激震!! - 前篇」/第33話「仙台爆破計画 - 後篇」

>核爆弾での仙台壊滅計画を阻止するという、大門軍団史上最大のミッション! クライマックスは、イベント会場の給水塔に隠されていた核爆弾を発見! 大門軍団がタイムリミット寸前まで起爆装置の解除作業を決行!・・・という手に汗握る展開になるのですが、会場がパニックになるのを防ぐため、舘ひろしがステージで熱唱!(なんで?)というトンデモ展開になるのも見ものですww

 

●山形ロケ編(西部警察PART-III - 1983年10月OA)

第23話「走る炎!! 酒田大追跡 」/第24話「誘拐! 山形・蔵王ルート」

>23話はミサイルを搭載した貨物列車との攻防戦!・・からの、敵アジト大爆破!!(ホントにスッゴい火薬量ww)にビックリ。24話は競馬場で、レース中の馬たちと並走するように展開されたカーチェイス&爆破シーンに、さらにビックリ。

 

●札幌ロケ編(西部警察PART-II - 1982年12月OA)

第26話「- 北都の叫び - カムバック・サーモン

 >犯罪に手を染めてしまった息子と、その身を案じる父親のドラマが、豊平川に帰って来る鮭たちの姿にオーバーラップしていくという、強引だけどなかなかのシナリオ。息子役の保積ペペの好演もあり、けっこうな感動作になってました。でもやっぱりアクションもスゴかった〜! 『PART-III』のOPでも使われている豊平川河川敷での壮絶なカーアクションは、もう戦争映画の域だよ!www

 

あと、この地方ロケシリーズの見どころとして忘れちゃいけないのが、地元企業との大胆なタイアップ。まるで旅番組のように、タイアップした企業名や商品名がキッチリと紹介されますww さらに、各企業の社長さんたちをドラマ内に出演させちゃうというサービスぶりもスゴいです。そんなシロウトたち(皆さん思いっきりセリフ棒読み・・・)を相手にしても、ピクリとも笑わずに演技できる団長はやっぱエラい!!