Kick-A Blog

漫画家・イラストレーター、菊池晃弘のブログです。

【Blu-ray】 1941

f:id:kicktick43:20150917165708j:plain

スティーブン・スピルバーグのコメディ超大作『1941』(79年公開)のブルーレイが、ようやく単品リリース。DVDは「海賊版か!?」ってくらいのヒドい画質だったので、ホントに待ちかねておりました。しかも劇場公開版(119分)と完全版(146分)の2枚組仕様というのもウレシイかぎりです。

本作は『ジョーズ』(75年)、『未知との遭遇』(77年)の連続大ヒットで絶好調だったスピルバーグが、巨額の製作費を投じて挑んだコメディ大作! ・・・だったわけですが、興行的にまさかの大コケwww すっかりスピルバーグ黒歴史としてネタにされてしまっていますが、個人的には思い出深い作品なんですよね〜。劇場で観たのは小学生のころ。当時、笑いといえばドリフがすべてだった時に初めて体感したアメリカン・コメディだったので、下ネタも含め(笑)何もかもがカルチャーショックだったんだよなぁ。

ダンスと乱闘が融合した圧巻のミュージカルシーン! 今でも見劣りしない精巧なミニチュア撮影! ジョン・ウィリアムス作曲の軽快なマーチ! そして家が丸ごと***してしまうラストの大オチ!・・・などなど、とにかく徹底したドタバタぶりが最高です。「失敗作」の烙印を押されてしまったとはいえ、まぎれもなく天才が手がけた逸品。もっと評価されていいと思うなぁ、この映画。

 

スピルバーグのインタビュー(特典映像)によると、当初はチョイ役のキャラクターだったワイルド・ビル・ケルソー大尉。でもジョン・ベルーシのキャスティングが決まってから登場シーンを増やし、大幅に肉付けしたんだそうな。確かにジョン・ベルーシはチョイ役で収まるような役者じゃないもんなぁ〜ww

   

ちなみにこのシーンのロケ地と給油所のおばちゃんは、スピルバーグの出世作『激突!』にも出てきます。