読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kick-A Blog

漫画家・イラストレーター、菊池晃弘のブログです。

【Leisure】昆虫の家(新潟県胎内市)

f:id:kicktick43:20130819140405j:plain

夏休みということで、先週末に家族で新潟の実家へ帰省。ホントはのんびりダラダラしたかったのですが、夏休みモード全開の息子(小2)の勢いには勝てず、いろいろと出かけて来ましたw

f:id:kicktick43:20130819140632j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kicktick43:20130819140705j:plain

中でも胎内市にあるムシの博物館 『昆虫の家』は、予想以上に楽しい施設でした。

 

入館すると、玄関ロビーにいきなりヘラクレスオオカブトにさわろう」のコーナーがあって、早くも大興奮!

すぐそばに展示してある普通のカブトムシよりも、あきらかにデカい!デカすぎる!やっぱり実物は、写真や映像よりも迫力ありますね〜。

 

 触ってみると、生き物とは思えないツルツルした独特の硬質感がたまりません。そして持ち上げてみれば、さすがの重量感。「昆虫の王様」という称号はダテじゃないッスね。

 

f:id:kicktick43:20130819140720j:plain

屋外フロアの蝶園では、アゲハチョウにエサをあげる体験ができました。花に見立てた蜜皿を持ってじっとしていると、ナミアゲハやクロアゲハがけっこうフレンドリーに寄って来る♪来る♪ 目の前で美味しそうに蜜(じつはポカリスエット)を吸う姿がめちゃカワイイ〜。

 

同行してくれた蝶が苦手な我が妹も「ちょっと好きになれるかも・・・」と、つぶやいておりました。

 

そしていよいよ特別展「巨大カブト・クワガタ大集合」のフロアへ!・・・というか、フロアの入り口が地味すぎて危うくスルーするところでしたww フロア内にはコーカサスオオカブトやネプチューンオオカブトなど、昆虫界のスター選手が勢揃い。案の定、息子は興奮度マックス! 3DSで写真を撮りまくってました。

f:id:kicktick43:20130819140802j:plain

f:id:kicktick43:20130819140753j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑その中で個人的にイチバン心を奪われてしまったのは、この“世界一美しいクワガタ”と呼ばれている「ニジイロクワガタ」! その名の通り、虹色に輝くボディがステキすぎます。クワガタというよりカブトムシのようなカタチのツノ(正確には大アゴ)もイカすなぁ。そのとなりの写真は「オウゴンオニクワガタ」で、なんとこちらは全身が金色!自然界の驚異の造形センスに、ひたすら脱帽です・・・。

 

f:id:kicktick43:20130819140736j:plain

←死んじゃうと体が赤く変色してしまうので、標本にはできないという貴重な「ルリボシカミキリ」もキレイだったなぁ〜。本物を見るのは初めてだったのですが、絶妙に澄んだブルーの体色がとても印象的でした。

 

でもルリボシカミキリって、この特別展のテーマ(巨大カブト・クワガタ大集合)と関係なくない?ww