Kick-A Blog

漫画家・イラストレーター、菊池晃弘のブログです。

【Movie】モンスターホテル

『デクスターズ・ラボ』や『サムライジャック』を生み出したゲンディ・タルタコフスキー監督の最新作『モンスターホテル』(原題:Hotel Transylvania)を鑑賞。タルタコフスキー監督にとっては満を持してのスクリーンデビューであり、初のフルCG作品でもあります。


怪物専用のリゾートホテルを舞台に、一人娘を溺愛するドラキュラパパ(吹き替え:山寺宏一)の奮闘を描いたドタバタコメディなわけですが、期待どおりの仕上がりで楽しかったです。終始ホントに徹底したドタバタぶりなので、見ていてちょっと疲れるくらい(苦笑)でしたが、随所に“タルタコフスキー節”ともいうべき独特の間(ま)を使った演出が冴えてましたね。細かいギャグも劇場に来ていた子供たちにけっこうウケてたなぁ。やっぱりズッコけたりぶつかったりする動きっていうのは鉄板ですねぇ。

アメリカでは興行成績1位を獲得してるので、次回作はかなり注目度が上がりそう。フルCGもいいけど、個人的には今作のエンディングパートのような、いつものカートゥーンタッチでやってほしいなぁ。


タルタコフスキー監督作といえば、『ミクロマン』にインスパイアされたという巨大ロボットもの『Sym-Bionic Titan』(日本では未放送)が見てみたい!
おもちゃメーカーのスポンサーがつかなかったために20話で打ち切りになってしまったそうなのですが、映像を見るかぎりではかなり面白そうじゃないですか。







海外アニメで最近注目してるのは、先月からディズニーXDで放送が始まった『モーターシティ』。未来のデトロイトを舞台にしたレーシング活劇です。マッドハウスの『REDLINE』をもっとポップにした感じかな。内容的にはもうちょいこの先の展開を見守りたいところですが、とにかくエッジの効いたビジュアルがカッコよくて毎回シビレてます。劇中で主人公たちが乗るカスタムカーのオモチャ化熱望!