読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kick-A Blog

漫画家・イラストレーター、菊池晃弘のブログです。

【Art】フランケンウィニー・アート展

 

f:id:kicktick43:20121225040917j:plain

f:id:kicktick43:20121225035050j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新宿のビックロで開催された「フランケンウィニー・アート展」へ行って来ました。このイベントはティム・バートンの新作映画『フランケンウィニー』の撮影で使用した貴重なアイテムを公開したもので、世界6カ国をツアーしてきたそうです。当日は最終日だったせいなのか、入場無料で写真撮り放題だったせいなのか、とにかくなかなかの混雑ぶりでありました。

想像してたより人形たちがデカい!当然そのサイズに合わせた舞台セットもデカいので、けっこうなスケール感。以前に『ウォレスとグルミット』などで有名な アードマンの作品展でクレイアニメの撮影セットを見たことがあるのですが、それよりも確実にひとまわりは大きい感じでした。モノクロ作品ですが、実物は微 妙に彩色が施されてたんですね〜。主人公ヴィクター(右側の一番前の席)のノートには、スパーキーの落書きが・・・w

 

f:id:kicktick43:20121225040939j:plain

ティム・バートンの仕事机を再現したというコーナーには、スパーキーのプロップがいっぱい!

 

f:id:kicktick43:20121225040956j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとダークでファニーなティム・バートンワールドは、やっぱり素晴らしいなぁ〜。過去作もそうですが、ティム・バートンが造り出す独特の世界観と、ストップモーションアニメの風合いは相性がいいですね。今回のフランケンウィニーは84年に撮った短編のセルフリメイクなので、さほど注目はしていなかったのですが、この展覧会で期待度がイッキに上がりました。映画も見に行こうと思いまーす!

 


映画『フランケンウィニー』予告編