読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kick-A Blog

漫画家・イラストレーター、菊池晃弘のブログです。

2011年マイベストいろいろ

【MOVIE】『宇宙人ポール
今年劇場で鑑賞した映画は17本でした。コレだ!という作品に出会えないまま年末を迎え、今年は収穫無しかなぁ〜と思ってたら、最後に来ました大当たり!


SFオタクの青年コンビが、偶然出会った宇宙人「ポール」を故郷の星へ帰すために奮闘するドタバタロードムービーなのですが、とにかくコメディ映画としての安定感が見事でした。笑いの仕掛け方は的確だったし、全編に散りばめられた『E.T.』や『未知との遭遇』などを引用した小ネタの数々も楽しすぎ(笑)


主人公コンビと同じく、私も死ぬまでに一度はロズウェルを訪れてみたいと思ってるボンクラSFオタなので、ラストまで同調しまくりでしたね。やっぱりサイモン・ペッグニック・フロストの共演作にハズレなし!そういえば10年前に同じ劇場(渋谷:シネクイント)で出会った傑作『ギャラクシー・クエスト』も、SFオタク万歳!な映画だったなぁ〜。

【COMIC】『KICK-ASS 2』

前作同様、ジョン・ロミータJr.によるアートワークが素晴らしい!#3までしか読めてませんが、今作では「ジャスティス・フォーエバー」(笑)というビジランテチームに加入した主人公が、復讐に燃えるレッドミスト率いる極悪チームとの壮絶な軍団抗争へ突入していくという流れ。


一歩引いたスタンスから成り行きを見守っているヒットガールの動向も気になるところ。前作以上にヘビーな展開になりそうなニオイがプンプンしますが、最後まで見届けたいと思います。死ぬなよキックアス〜!!

【MUSIC】Good Times Come Back/Rasmus Faber feat. Beldina


今年iTunesで購入した楽曲の中で、再生回数の一番多かった曲がコレでした。ラスマス・フェイバーの楽曲は “音のファブリーズ効果” というか、どれも心地良くてハマりましたね〜。ピアノ・ハウス系はツボなので、来年も追いかけようと思います。







【TOY】『GHOSTBUSTERS』ビル・マーレイ as ピーター・ヴェンクマン:12インチ・アクションフィギュア

2011年に発売されたモノではないのですが、今年買ったオモチャの中ではコレがヒットでした。衣装や小道具も細部まで良く出来てるし(背負ってるプロトンパックは点滅可能!)、ビル・マーレイの再現度もかなりいい線いってると思います(笑)


マテル社製ということもあり、顔の造型(特に目の描き方)にバービー人形で培った伝統の持ち味を感じさせてくれる逸品です。来年は奇跡の続編『ゴーストバスターズ3』をぜひとも実現させてほしい!