Kick-A Blog

Akihiro Kikuchi's Miscellaneous notes

【TV drama】『マンダロリアン』

f:id:kicktick43:20200229012913j:plain

昨年『スター・ウォーズ』(以下SW)は42年間に渡る9部作を完結させたわけですが、個人的にはかなりモヤモヤする幕の閉じ方だったので、SW熱は一気に急降下・・・。そんな祭りが終わったあとのローテンションの中で登場したのが、SW初の実写ドラマシリーズ『マンダロリアン』でした。 

「SWのテレビドラマ? マンダロリアンが主役? だ、大丈夫か!?」などと不安度MAXで見始めたら、これが土下座して謝りたくなるほどの面白さ!第1話でガッツリ引き込まれ、イッキにラスト(第8話)まで見てしまいました。このおかげでSW熱が完全に再燃!やっぱSWサイコーやんw

“マンダロリアン”とは、かつて惑星マンダロアに住んでいた戦闘民族。本作の主人公は、その伝統を受け継ぐ腕利きの賞金稼ぎで、ひょんなことから出会ってしまった謎の赤ちゃん(ヨーダと同種族!)と、あてのない危険な逃避行の旅に出る。・・・というモロ『子連れ狼』のプロットなんだけど、このパクり(インスパイア?)が大成功してますね。最終話までマスクを外さない超ストイックな主人公と、愛くるしすぎるやんちゃな赤ちゃんヨーダとのやりとりがホントに素晴らしくて、魅了されっぱなしでした。加えて旧三部作寄りのベタなSW的世界観、秀逸なアクション演出、魅力的なサブキャラたち(特にIG-11 !!)もたまらんかったです。

成功の要因として考えられるのは、たぶんスタッフの座組みの良さじゃないでしょうか。中でも、役者も監督もこなす実写映画のベテランのジョン・ファヴローと、長年アニメ版のSWを仕切ってきたデイヴ・フィローニの初顔合わせが、最高の化学反応を起こしたのではないかと。あとタイカ・ワイティティ(IG-11の声も担当)が監督した最終話は震えたなぁ〜。あきらかにそれまでの全エピソードを凌ぐ仕上がりで、アカデミー賞クラスの腕前を存分に見させてもらいました。

9部作以降の新SWに関する情報もチラホラ出てきてるようですが、本作で実写映画のノウハウを手に入れたデイヴ・フィローニの今後の活躍が、SWの新たなる希望だと思います!

マイベストアワード2019

【BEST MOVIE】

2019年に劇場で観た映画ベスト5!今年は18本(試写1本含む)鑑賞しました。ジャンル的には、例年どおりアメコミ&エンタメ系中心です😅

 

5位『レゴ(R)ムービー2

原題 『The Lego Movie 2: The Second Part』/監督:マイク・ミッチェル/脚本:フィル・ロードクリストファー・ミラー/出演:クリス・プラットエリザベス・バンクスウィル・アーネットティファニー・ハディッシュ、チャニング・テイタムジョナ・ヒル 他/上映時間:107分

f:id:kicktick43:20191226154451j:plain

大傑作だった前作(2014年公開)からの続編。監督が交代したものの、フィル・ロードクリストファー・ミラーの黄金コンビによる脚本はやはり盤石で、今作もしっかり面白かったです!主人公エメットのブレないオトボケぶり、過剰なパロディネタも健在で嬉しいかぎり。あの兄妹(ネタバレ)のその後も描かれているで、「玩具としてのレゴ」という視点を忘れてないところも素晴らしい。

 

4位スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

原題 『Star Wars: The Rise of Skywalker』/監督:J・J・エイブラムス/脚本:J・J・エイブラムス、クリス・テリオ/出演:デイジー・リドリーアダム・ドライバージョン・ボイエガオスカー・アイザックマーク・ハミルキャリー・フィッシャー 他/上映時間:142分

f:id:kicktick43:20191226154600j:plain

前作『最後のジェダイ』から打って変わっての、ハイテンポな怒濤のエンタメ仕様で楽しめました。J・Jお疲れさま!よくがんばったと思います!ただ、予想どおり前作からの軌道修正に終始しているので、残念ながらかなりバタついちゃった印象が・・・。今回の三部作をフィギュアスケートで例えると、華やかな演技スタート(フォースの覚醒)→中盤での転倒(最後のジェダイ)→そのミスを必死にカバーしてキレイなフィニッシュへ(今作)といったとこでしょうか。主演のふたり(デイジー・リドリーアダム・ドライバー)はスっゴく良かったですよ!

 

 3位『プロメア

監督:今石洋之/原作:TRIGGER、中島かずき/脚本:中島かずき/キャラクターデザイン:コヤマシゲト/出演:松山ケンイチ早乙女太一堺雅人佐倉綾音古田新太小山力也小清水亜美 他/上映時間:111分

f:id:kicktick43:20191226154624j:plain

今石洋之中島かずきって、やっぱり相性いいんだなぁ〜と再認識した本作。このコンビの最高傑作だと思います!もぉとにかく圧倒的な「勢い」と、超ビビッドな色使いが冴えわたるビジュアルのパワーにヤラれましたね。あきらかに最先端のアニメなんだけど、中味はどこか懐かしいスポ魂テイスト溢れる「テレビ漫画」の世界w サイッコ〜でした!!

 

2位アベンジャーズ/エンドゲーム

原題 『Avengers: Endgame』/監督:アンソニー・ルッソジョー・ルッソ/脚本:クリストファー・マルクス、スティーブン・マクフィーリー/出演:ロバート・ダウニー・Jr.、クリス・エバンス、クリス・ヘムズワーススカーレット・ヨハンソンベネディクト・カンバーバッチトム・ホランドマーク・ラファロクリス・プラットジョシュ・ブローリン 他/上映時間:182分

f:id:kicktick43:20191226154645j:plain

10年以上に及ぶMCUシリーズの盛大(上映時間3時間越え!)な最終作。前作『インフィニティ・ウォー』からのドン底スタートなので、もうアガるしかない最高の展開でした。勝つための切り札がタイムマシンだったのは「それアリ!?」と、ちょっと引いてしまうところもありましたがw このキャスト陣でのアベンジャーズがこれで見納めなのは名残惜しすぎますが、とにかくお腹いっぱい大満足のフィナーレでした!シリーズを通して見れば、結局アイアンマンで始まり、アイアンマンで終わるという流れもお見事でしたね〜。

 

1位スパイダーマン:スパイダーバース

原題 『Spider-Man: Into the Spider-Verse』/監督:ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン/原案:フィル・ロード/脚本:フィル・ロード、ロドニー・ロスマン/出演:シャメイク・ムーア、ジェイク・ジョンソン、ヘイリー・スタインフェルド、スタン・リー他/上映時間:117分

f:id:kicktick43:20191227014520j:plain
マルチバース」というアメコミならではの特殊な概念を有効活用しちゃった本作。他の次元から様々なスパイダーマンが集結するという展開は、単なるヒーロー大集合ものとは一線を画す面白さがありましたね〜。やはりフィル・ロードクリストファー・ミラーのコンビが手がけた作品にハズレなし!

あと、徹底したコミック感(マンガのコマ割りやフキダシ、擬音の描き文字を使った演出など)がスバラシすぎ!随所に施されたスクリーントーンのような細かいドット処理も、印刷物を見ているような感じがして新しかったなぁ〜。とにかく目からウロコというか、めくるめくハイセンスなビジュアルの洪水に圧倒されっぱなしでした。これはもう「CGアニメ」ではなく「CGアート」の域ですね。続編(レオパルドン参戦!?)が待ち遠しい〜!

 

【WORST MOVIE】2019年に観たガッカリ映画・・・。

ヘルボーイ

監督:ニール・マーシャル /原作:マイク・ミニョーラ/脚本:アンドリュー・コスビー/出演:デビッド・ハーバー、ミラ・ジョボビッチイアン・マクシェーンサッシャ・レイン、ダニエル・デイ・キム 他/上映時間:120分

f:id:kicktick43:20191228152606j:plain

アメコミ『ヘルボーイ』の実写リブート版。ギレルモ・デル・トロ監督版からスタッフ&キャストを一新して製作されたわけですが、残念ながら安っぽいモンスター映画に成り下がってしまったカンジです・・・(涙)

原作にあったシーンをただ盛り込めば「わかってるでしょ感」が出るってものでもないし、グロ描写を多用すれば「トガってる」とか「攻めてる」ってものでもないんだよなぁ〜。なんかもう監督のセンスと力量の無さが露呈しすぎちゃってて、まったくノレませんでした・・・。あと主演のデビッド・ハーバーは、特殊メイクをしてない素の方がヘルボーイっぽいと思いますw

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —

【BEST GAME】 2019年にプレイしたゲーム・ベスト3!

3位Battle Chasers: Nightwar』

ジャンル:ロールプレイング/対応機種:PS4Nintendo Switchなど/開発:エアシップ・シンジケート販売:THQ Nordic

–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

原作はジョー・マデュレイラが90年代に手がけたアメコミ『Battle Chasers』(イメージ・コミックス刊)。たまたまTPBを一冊持っていたので、懐かしさに押されてプレイし始めたのですが、これが洋ゲーとは思えない古き良き「超正統派RPG」だったので、さらに懐かし度アップでハマってしまいました。マデュレイラの画風がしっかりと堪能できるグラフィックのクオリティも見事!

でも要所要所でレベル上げを必要とされる展開になるので、ゲームバランスに関しては、もうちょいなんとかしてほしかったなぁ〜。

 

2位Stranger Things 3 : ザ・ゲーム』

ジャンル:アクションアドベンチャー/対応機種:PS4Nintendo Switchなど/開発:Bonus XP販売:Bonus XP

–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

海外ドラマ『ストレンジャー・シングス』にハマった流れで、シーズン3をゲーム化した『Stranger Things 3 : ザ・ゲーム』(国内PS4版)もプレイ。

ドラマ同様、こちらもあえてドット絵&『MOTHER』のようなクォータービュー方式を採用した「レトロゲー感」あふれる作りになってるところがイイ!オーソドックスなADVながらも、12人のキャラを自由に切り替えながらのバトルや、様々な仕掛けを突破していくプレイ感覚が小気味良くてかなり楽しめました。スティーブの武器が「アイスクリーム」って、なんか可哀想ですが納得ですw

 

1位レッド・デッド・リデンプション2』

ジャンル:オープンワールド/対応機種:PS4Xbox Oneなど/開発:ロックスター・ゲームス販売:テイクツー・インタラクティブ

–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

 『GTA』シリーズなどでゲーム業界を席巻するロックスター社の最新作。2度の発売日延期にはハラハラしましたが、目を見張る圧巻のオープンワールドに丸呑みされましたw やっぱり裏切りませんねぇ〜。

舞台は開拓時代末期のアメリカ。時代の変わり目に翻弄される無法者たちの生きざまをガッツリ体感させてもらいました。ストーリー的には前作の方がドラマチックで好みでしたが、今作のグレード&ボリュームアップした西部劇の世界は、ホントにスゴすぎ。あのホコリっぽい空気感、銃や馬を操るときの感覚などは、いまだどこかに残ってます。

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —

【BEST TOYS】2019年に買ったベスト・オモチャ!

Realfoam Water Gun 第7弾 高木式弐〇壱九式爆水拳銃 Vol1.5 Last end 塗装版 スチールブラック

f:id:kicktick43:20191228143930j:plain

某名作SF映画に登場する銃を徹底再現したウォーターガン。2017年に発売された同製品の塗装をグレードアップしたバージョンです。半光沢のスチールブラック色が、重厚感を醸し出していてなかなかイイ感じ!一部の細かい部分は別パーツでの接着式になっているので、ディティール面でのグレードもアップしてます。

でもコレ、当然ながら本来の「水鉄砲」として遊ぶ勇気はありません・・・😅

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —

【BEST MUSIC】2019年のヘビロテ曲10選 ♫

The Chemical Brothers「Eve Of Destruction」

パソコン音楽クラブ「reiji no machi」

MELLOW MELLOW「Dear My Star」

サカナクション「忘れられないの」

SAWA「美人薄命エーゲ海

KEN ISHII「Bells of New Life」

フィロソフィーのダンス「イッツ・マイ・ターン」

リーガルリリー「GOLD TRAIN」

ONIGAWARA × 桜エビ〜ず「それは月曜日の9時のように」

木梨憲武「GG STAND UP!! feat. 松本孝弘

【Art】小松崎茂 2019展 〜僕らのBOXアーツの巨匠 ジェリー・アンダーソン作品編〜

ボックスアート(プラモデルの箱絵)界の巨匠の原画展「小松崎茂 2019展」を、中野ブロードウェイのギャラリーで見て来ました。

f:id:kicktick43:20190912220635j:plain

f:id:kicktick43:20190912221138j:plain

今回の展示は、1960〜70年代に今井科学から発売されたジェリー・アンダーソン作品のプラモデルの箱絵でした。「サンダーバード」を中心に、「キャプテン・スカーレット」「謎の円盤UFO」「ジョー90」など、どれも今見てもまったく色あせないクオリティ(ホントに美しすぎる発色と筆致!)に驚嘆しまくり。

f:id:kicktick43:20190913220750j:plain

f:id:kicktick43:20190913221127j:plain

f:id:kicktick43:20190913221052j:plain

f:id:kicktick43:20190913221251j:plain

f:id:kicktick43:20190913221155j:plain

f:id:kicktick43:20190913221226j:plain

当時の貴重なプラモデルの現物の展示も。キャラクターがメインの箱絵もけっこう描かれていたんですね〜。「コンドールマン」て、中身メカだったっけ?w

f:id:kicktick43:20190912221836j:plain

↓ おおっ、この絵はMIX CDシリーズ「ミックスアップ」(企画・監修/石野卓球)のVol.2で使用されたジャケットアートの元絵では !?

f:id:kicktick43:20190913221422j:plain

↓ CDはこんなカンジ。宇宙ステーションが巨大なライブハウスに改装されちゃってますw そういえばこのシリーズも、パッケージのデザインコンセプトが「プラモデル」だったんだよね。こっちの原画も見たかったなぁ〜。

f:id:kicktick43:20190914170230j:plain

↓ サインがまたオシャレでコッコイイ!

f:id:kicktick43:20190912222152j:plain

【TV drama】『ストレンジャー・シングス 未知の世界』

遅まきながら以前から気になっていたNETFLIXのオリジナルドラマシリーズ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』を鑑賞。・・・結果、まんまとドハマりしてしまい、シーズン1〜3(計25話)をイッキ見してしまいましたw

f:id:kicktick43:20190907150220j:plain

<あらすじ>アメリカ・インディアナ州の町ホーキンスで、12歳の少年ウィルが突如失踪。いっこうに手がかりが見つからない中、ウィルの仲間の少年たちは、特殊な能力を持った少女イレブンと出会う。少年たちは彼女と力を合わせ、ウィル救出のため危険な "裏側の世界" へと足を踏み入れていく・・・! !

 

物語の舞台が1983〜84年ということもあり、『E.T.』『グーニーズ』『スタンド・バイ・ミー』『トワイライトゾーン』などなど、全編が80年代ムービーのオマージュだらけ! オマージュではなく『ダンジョンズ&ドラゴンズ』『ディグダグ』などが実名で出てきたりするところもグッド。中でもシーズン2の第2話、主人公グループがハロウィンで『ゴーストバスターズ』のコスプレをするエピソードはサイコーでした。エンドロールもレイ・パーカーJr.の曲まんま使ってたしww

そんな徹底した80'sテイストもツボだったんだけど、とにかく主役の少年少女たちが素晴らしかったですね〜。キーパーソンとなる超能力少女・イレブンちゃん(演:ミリー・ボビー・ブラウン)の圧倒的な存在感を筆頭に、マイク、ウィル、ダスティン、ルーカス、マックスのそれぞれが持ち味を存分に発揮していたので、最高の化学反応が起きまくっていたと思います。ベテラン勢では、ひさしぶりに見たウィノナ・ライダーの鬼気迫る肝っ玉母さんぶりが光ってましたね。

シーズン4も見てみたい!・・とは思いますが、主演の子供たちがリアルに成長してしまう微妙な時期なので、作品的にはここで締めた方が美しいのかもなぁ〜。

【Movie】『クエスト・オブ・キング 魔法使いと4人の騎士』

原題 『The Kid Who Would Be King』/監督・脚本:ジョー・コーニッシュ/出演:ルイ・アシュボーン・サーキス、ディーン・チャウムー、トム・テイラー、リアーナ・ドリス、アンガス・イムリー、レベッカ・ファーガソンパトリック・スチュワート 他/上映時間:120分

f:id:kicktick43:20190808220534j:plain

不良少年たちと凶暴なエイリアン群とのバトルを描いた傑作『アタック・ザ・ブロック』(2012年日本公開)を手がけたジョー・コーニッシュ監督による待望の新作! 日本公開を心待ちにしていたのですが、全米での興行成績が振るわなかったようで、残念ながら日本ではDVDスルー扱いとなってしまいました・・(悲) 

<あらすじ> 平凡な中学生アレックスは、ひょんなことから工事現場で見つけた剣を引き抜いてしまう。ところがそれは伝説の聖剣「エクスカリバー」だった! 選ばれし者となったアレックスは、邪悪な魔女モーガナを倒すため、魔法使いマーリンと共に円卓の騎士を招集することに・・・・。

王道のファミリー向けエンターテイメント作品でしたね〜。『アタック・ザ・ブロック』のテイストを期待していたので、かなり肩透かしをくらっちゃいましたww ちょっとまっとうすぎたのがコケた理由なのかも・・・。とはいえ作品的にはケチのつけどころはまったくなく、クライマックス(全校生徒vs魔物軍団!)もしっかりアガる作りになっているので、家族で安心して楽しめるとても良質な仕上がりになってます。

主人公役のルイ・アシュボーン・サーキスくん(モーションキャプチャー名優アンディ・サーキスの息子)の好演も光っていましたが、個人的に推したいのは若いときのマーリンを演じていたアンガス・イムリー! とにかく存在感がマンガチックで目を引きましたね。その絶妙にコミカルなカンジが「異世界から来た者感」をしっかりと醸し出していたと思います。あと、老いたマーリン役のパトリック・スチュワートに関しては言わずもがなで、この手の役どころでは横綱相撲ですなw